第106回 YBBL 春季大会 

予選ブロック結果へ.

210チーム 16ブロック  本部大会出場32チーム 平成28年3月20日〜6月25日



区別本部大会出場チーム数
戸塚 港北 保土谷 港南 金沢 瀬谷 磯子 鶴見 青葉 都筑 西 神奈川

5 5 4 3 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 0 0 0 0 32



■ 元宮ファイターズ(鶴見区)が二度目の優勝 ■


 第106回春季大会の準決勝・決勝戦が、7月1日(土)横浜スタジアムにて行われ、本部大会を勝ち進んだチームによる熱戦が繰り広げられました。
 天候が心配されましたが、選手達の熱意、役員・球場関係者の努力により無事開催することが出来ました。
決勝戦は、お互いに本部大会出場常連チームとの対戦となりました。
 優勝チームは、元宮ファイターズ(鶴見区)、準優勝チームは富岡オールスターズ(金沢区)との結果となりました。
 元宮ファイターズは平成26年秋季大会以来の優勝で、通算二度目の優勝を成し遂げました。
 大会を通じ、大会日程調整、大会会場を提供・運営をしていただいた各ブロック長、運営に携わった関係役員・審判部の皆様方々に感謝を申し上げます。
横浜スタジアムにて試合ができ、プレーをしている選手達の笑顔がとても素晴らしく、これかも子供たちの為、少年野球の発展向上の為にこれからも協力のほどよろしくお願い致します。




優勝 元宮ファイターズ(鶴見区)



第106回大会 表彰選手
最高殊勲選手賞   中嶋 一翔
(なかじま かずと) 
 元宮ファイターズ
最優秀選手賞  早坂 慶士
(はやさか けいじ)
 富岡オールスターズ
優秀選手賞  石原 慶人
(いしはら けいと)
 戸塚アイアンボンドス
優秀選手賞  石川 颯真
(いしかわ そうま)
 平戸イーグルス

写真準備中
▲優秀選手賞
▲優秀選手賞
▲最優秀選手賞
▲最高殊勲選手賞




準優勝 富岡オールスターズ(金沢区)



 準決勝の第一試合は、二度目の優勝を目指す元宮ファイターズ(鶴見区)が初優勝を狙う戸塚アイアンボンドス(戸塚区)との対戦となり着実に得点をあげた元宮ファイターズが、戸塚アイアンボンドスを破り決勝進出。

 準決勝第二試合は、共に優勝経験のある富岡オールスターズ(金沢区)と平戸イーグルス(戸塚区)が対戦し、富岡オールスターズが、追いすがる平戸イーグルスを振り切り決勝進出を果たしました。

 決勝戦は大会3度目の優勝を狙う富岡オールスターズと二度目の優勝を目指す元宮ファイターズとの対戦となりました。
 元宮ファイターズは、打線が爆発、好守にも助けられ富岡オールスターズを見事破り通算二回目の優勝を達成しました。

【準決勝戦第一試合】
チーム名
元宮ファイターズ 2 0 1 0 3 0 0 6
戸塚アイアンボンドス 0 0 1 0 0 0 0 1
元宮 バッテリー

戸塚 バッテリー
 P:中嶋君 - 山野井君 - 遠藤君
 C:山野井君 - 緒方君 - 遠藤君 - 山野井君
 
 P: 石原君 - 森君   C:飯田君
 
第三位 戸塚アイアンボンドス(戸塚区)


【準決勝戦第二試合】
チーム名
富岡オールスターズ 0 1 0 1 1 0 0 3
平戸イーグルス 0 0 0 0 1 0 0 1
富岡 バッテリー
平戸 バッテリー
 P:早坂君  C: 横山君
 P: 石川君 - 谷口君  C: 中俣君
 
第三位 平戸イーグルス(戸塚区)

 
 
【決勝戦】
チーム名
元宮ファイターズ 0 0 2 1 3 0 9 15
富岡オールスターズ 0 0 2 0 0 0 0 2
元宮 バッテリー

富岡 バッテリー
【本塁打】
【二塁打】
 P:中嶋君 - 山野井君 - 緒方君
 C:山野井君 - 緒方君 - 山野井君 

 P:早坂君 - 東城君 - 直君   C: 横山君
 直君(富岡) 山野井君(元宮) 遠藤君(元宮)
 横山君(富岡)


【決勝戦】
  第106回春季大会決勝戦は、先攻の元宮ファイターズは中嶋君、富岡オールスターズは早坂君がそれぞれ準決勝戦に続き決勝戦のマウンドに上がりプレイボール。
  序盤は両チームともにヒット放ち出塁するも、得点がなかなか奪えませんでしたが三回に試合が動きます。元宮は中嶋君のヒット、田中君のヒットエンドランが見事に決まります。高橋君のスクイズが決まり先取点奪います、続く遠藤君がヒットを放ち2点を先取します。富岡もその裏反撃、横山君のヒット、直君の左中間を抜けるホームランを放ち振り出しに戻します。
  四回、元宮は中道君、中嶋君のヒットなどにより得点を奪い勝ち越しに成功。
五回元宮は緒方君のスクイズ、廣岡君のヒット、山野井君の準決勝戦に続くライトオーバーのホームランを放ち、試合を優位に進めます。
七回、緒方君、廣岡君、中道君、田中君のヒット、遠藤君のホールラン等が出て追加点を奪い、富岡を突き放します。
富岡も意地を見せ、今西君、駒嶺君がヒットを放ちランナーを出しますが得点を奪えず、元宮の継投策も決まりゲームセット。
元宮ファイターズは平成26年第101回秋季大会以来通算二回目の優勝を成し遂げました。



予選ブロック
ブロック 球場名 第一代表 第二代表
第1 四季の森小学校
今宿南小学校
金沢イーグルス(ブルー)(金沢) ひかりが丘少年野球部(旭)
第2 川井小学校
新井小学校
東急白根少年野球部(旭) レッドホープス(瀬谷)
第3 新横浜少年野球場
岸根少年球場
元石川サンダーボルト(青葉) 山手メイツ(中)
第4 岡村球場
洋光台第四小学校
オール三ツ境(瀬谷) 今宿東キングローズ(旭)
第5 子供甲子園
日限山大公園
元宮ファイターズ(鶴見) 港南西洗ヤングスターズ(港南)
第6 上瀬谷小学校
細谷戸グランド
富岡オールスターズ(金沢) 白根台ジャガーズ(旭)
第7
海釣り公園
別所ザウルス(南) 鷺竹クラブ少年野球部(中)
第8 弥生台グランド
西田球場
下倉田シャークス(戸塚) 緑園ラービー(泉)
第9 平安球場
入船小学校
ハマ少年野球クラブヤンキース(港北) 川島イーグルス(保土谷)
第10 並木第一小学校
並木第四小学校
平戸イーグルス(戸塚) 太尾パワーズ(港北)
第11
清水ヶ丘多目的広場A面
睦ブラザーズ(南) 港南百合ヶ丘Mファントム(港南)
第12
清水ヶ丘多目的広場B面
野毛オールスターズ(中) 清水ヶ丘ジャイアンツ(南)
第13 永田みなみ台広場
六ツ川台小学校
オール上郷(栄) 永田台少年野球部(南)
第14 上品濃グランド
アローズグランド
戸塚アイアンボンドス(戸塚) 丸二少年野球部(磯子)
第15
深谷通信隊グランド
前田グリーンスターズ(戸塚) 前田タイガース(戸塚)
第16 保土ヶ谷少年野球場
矢シ塚公園
六ッ川ベースボールクラブ(南) 睦ヶ丘少年野球部(保土谷)

2017/7/17 更新



第1ブロック

四季の森小学校
今宿南小学校

予選ブロックへ
第2ブロック

上川井小学校
新井小学校

予選ブロックへ
第3ブロック

新横浜少年野球場
岸根少年球場

予選ブロックへ
第4ブロック

岡村球場
洋光台第四小学校

予選ブロックへ
第5ブロック

子供甲子園
日限山大公園

予選ブロックへ
第6ブロック

上瀬谷小学校
細谷戸グランド

予選ブロックへ
第7ブロック

海釣り公園

予選ブロックへ
第8ブロック

弥生台グランド
西田球場

予選ブロックへ
第9ブロック

平安球場
入船小学校

予選ブロックへ
第10ブロック

並木第一小学校
並木第四小学校

予選ブロックへ
第11ブロック

清水ヶ丘A面

予選ブロックへ
第12ブロック

清水ヶ丘B面

予選ブロックへ
第13ブロック

永田みなみ台広場
六ッ川台小学校

予選ブロックへ
第14ブロック

上品濃グランド
アローズグランド

予選ブロックへ
第15ブロック

通信隊グランド

予選ブロックへ
第16ブロック

保土ヶ谷少年球場
矢シ塚公園

予選ブロックへ